Menu

産後の骨盤矯正

Home

産後の骨盤矯正

出産後は骨盤矯正のチャンスです!
女性は「月経前」と、「妊娠3か月から産後2~3日」にリラキシンという女性ホルモンが分泌されます。
このリラキシンの作用で、骨盤まわりの靭帯をゆるめて骨盤の関節が柔らかくなります。
出産後、約3~4ケ月かけて骨盤が元に戻ると言われています。
この骨盤の関節が柔らかくなっている時期こそがゆがんだ骨盤を矯正するチャンスなのです。
まだまだデリケートな時期ですので、体に負担をかけないようにソフトな施術で骨盤を整えていきます。

産後ケアの重要性について

妊娠や出産時の女性の体は、妊娠を維持するために女性ホルモンのバランスが変化したり、赤ちゃんの成長とともに骨盤が広がり、またスムーズに出産をするために骨盤が緩んだりと大きな変化があります。
この妊娠・出産で大きく変化した体をそのままにしておくと将来的に様々な不調が現れる可能性があります。

ここ数年、産後の骨盤矯正が注目され、産後の骨盤矯正を行っている治療院が多くなっています。
確かに産後の骨盤を矯正することは非常に重要なことなのですが、妊娠・出産で変化するのは骨盤だけではありません。女性ホルモンバランスも大きく変化するのです。
当院では産後、骨盤の矯正だけではなく女性ホルモンバランスも整えることが重要だと考えています。

産後、体の不調で気になること。

★骨盤の歪みから起こる症状★
腰痛 肩こり 尾骨痛 恥骨痛 股関節痛 尿漏れ下半身太り むくみ 冷え など

★女性ホルモンバランスの乱れから起こる症状★
肌荒れ 生理痛 生理不順 PMS 抜け毛 むくみ マタニティブルー(産後うつ)冷え 腰痛 肩こり 腱鞘炎 など
これらを見てわかるように、産後のケアは骨盤矯正だけでは不十分です!!
それでもあなたは骨盤矯正だけの治療院を選びますか?
当院の産後プレミアム整体では、産後の骨盤と女性ホルモンバランスを整えることができます!!

まつもと鍼灸整骨院の産後プレミアム整体の特徴

産後の骨盤矯正は通常の骨盤矯正とは違い、より専門的な知識や技術が必要になります。産後の骨盤に特化した技術だから安全で効果的な矯正を行う事ができます。
また、女性ホルモンバランス療法協会認定治療院の当院だからこそ、出産で大きく乱れた女性ホルモンバランスを整えることができます。

<腹筋の筋力低下>

赤ちゃんがお腹の中で大きくなるにつれて、お腹回りや骨盤回りの筋肉は物理的に伸ばされた状態が続きます。
筋肉が伸ばされ状態が続くと筋力が低下していきます。弱くなった筋肉をそのままにしておくと、腰痛など痛みや骨盤の歪みや、冷え性、便秘などの原因にもなります。

<骨盤底筋の筋力低下>

骨盤の下側を支える骨盤底筋は分娩時に骨盤が通常よりも大きく拡張するため引き伸ばされてしまいます。この骨盤底筋の筋力が弱くなると、尿漏れや便の漏れなどを起こしやすくなります。

このお腹回りや骨盤回り、骨盤底筋の筋力アップをするためトレーニングをしようとしても、妊娠・出産で弱ってしまった筋肉にはかえって負担を掛ける事になってしまいます。

また、自分ひとりで続けていくということは、非常に難しいものです・・・。
そこで当院ではEMS/indepth(インデプス)という機械を使って効果的にこれらの筋肉を引き締めていきます。

EMS/indepth(インデプス)とは?

EMSとはElectrical Muscle Stimulation(エレクトリカル マッスル スティムレーション)の略で、「電気で筋肉を運動させる機械」のことです。
EMSは無理な運動でカラダを消耗させることなく、狙った筋肉を効率よく動かすことによって健康な筋肉バランスに整え、血行やリンパの流れを改善します。また、筋肉が増えることで代謝が改善し、より強い健康なカラダを実現します。
また、当院で使用するEMSの装置は第34回、第35回日本肥満学会でその効果が発表されています。